新人SEが知りたい、設計作業の経過報告が必要な理由とは? |

新人SEが知りたい、設計作業の経過報告が必要な理由とは?

      2018/05/14

Pocket

あなたは、業務に就いて何かしらの資料作成の経験をしましたか?

 

まだ未経験であれば、今回の話は転ばぬ杖になり、

既に経験済みであれば、痛い話になるかもしれません。

 

これまで、資料を作成する上で事前に確認しておかなければならないことについて、いろいろとお話してきました。

 

資料作成目的については、その目的、書くべき詳細内容、作成する資料数についてお話し、

作成イメージについては、結論は先頭に、資料の統一感を持たせること、余分は情報は削除することについてお話しました。

 

これらのことが確認できていれば、資料作成の方向性が見えてくるので作成しやすくなるとは思います。

 

しかし、だからといって途中経過を報告しなくても良いわけではありません。

 

そこで今回は、「新人SEが知りたい、設計作業の経過報告が必要な理由とは?」と題して、その重要性についてお話します。

 

 

資料作成に取り掛かると、どうしても早く作成しなければという思いに駆られます。

なので、作成完了というゴールに向かって突っ走ることになるでしょう。

 

では、突っ走って作成完了した資料はどうなるでしょうか?

経験上ですが、作成前に確認した目的を果たすことはできないでしょう。

 

なぜか?

 

逐一作成状況を報告しないことで、目的から逸れてきていることに気づくことができないから。

そして、作成途中段階でのレビューを受けて、軌道修正が必要かどうかチェックを受けていないから、この2つが主な原因です。

 

私自身の経験ですが、作業を進めていくうちにだんだん目的から逸れていくことに気づくことが出来ず、終わってみたら目的を果たすことができなかったことがありました。

 

作成していくうちに、「この情報も必要かもしれないから、とりあえず入れてみよう」と本来であれば余計な情報を入れてみたり、どこに結論があるのか一目で分からない状態になっていたりして、修正が大変だったことがありました。

 

当時私は、とりあえず自分なりに作成して、その作成結果を報告すればよいのかな?と考えていました。そのため、自分なりの考えをまとめることに必死で、完全に周りが見えていませんでした。

 

これ以来、資料作成している時は必ず途中で逸れてくるので、逐一状況を報告して軌道修正が必要かどうかのアドバイスを受けるようにしました。

 

その甲斐あってか、最近では若干の手直しはあるものの大幅な修正をすることはなくなりました。一度大失敗してその結果がどうなるかを身を以て体験できたことが、今現在の取り組み方に活きてきていると感じています。

 

 

もしあなたが何かしらの資料作成を経験するようなことがあれば、私が大変した失敗を思い出して上で、時々状況を報告して軌道修正が必要が確認するようにしてください。

 

少なくとも、過去の私のようにこっぴどく怒られることは避けられると思いますよ。

 

 - 未分類