新人SEが知るべき、設計資料を作成する目的を確認する理由とは |

新人SEが知るべき、設計資料を作成する目的を確認する理由とは

      2018/05/14

Pocket

いまさらですが、エンジニア1年生の皆さんは、エンジニアと聞いてどんな仕事をするとイメージしましたが?または、していますか?

 

これは私の予想になってしまいますが(といいますか、私が昔イメージしていたエンジニアのイメージですが)、ずぅっとパソコンとにらめっこにして、キーボードをカタカタ叩いているイメージを持っていました。

 

誰ともしゃべらず黙々とプログラミングをしているので、根暗な人が就くような職業かなのかな?とすら思っていました。

 

実際のところは、一人で作業すること時よりもチーム単位で作業する割合の方が大きいです。プロジェクトとして仕事をするので、常にコミュニケーションを通して意思の疎通を図らないと、良い仕事ができません。

 

その中でも資料作成は最たるものではないでしょうか?

 

一口に資料作成といっても様々なものがあります。

ざっと思いつく限りですと、要件定義所、基本設計書、詳細設計書、テスト設計書、運用設計書、テスト項目表・・・

 

これらはすべて、一種のコミュニケーションツールです。

これがきちんと目的通りに作成されていないと、仕事をうまく進めることが出来ません。

 

なので、今回は「新人SEが知るべき、設計資料を作成する目的を確認する理由とは」についてお話します。

 

作成する資料はどういう目的で使われるか分からなくなる。

 

いきなり、資料を作れ!と言われて、「はい、分かりました!」では、よろしくはありませんね。

 

作成する資料には、必ずその使用目的があります。

例えば、設計工程であれば、後工程への引き継ぎ資料として・・・

あるいは、テスト設計書であれば、後工程のテスト項目表の前提資料として・・・

 

使用目的を確認せずに作成し始めて、後になってやり直しになったら目も当てられませんので、作成に取り掛かる前にきちんと目的を確認するようにしてください。

 

資料の詳細内容に何が書かれていればOKか分からなくなる。

 

資料の使用目的が確認できたあと、その詳細な内容に何が含まれていればよいか確認が必要です。

 

作業の思いだけで詳細を書いてしまうと、後になってからあの内容が足りない、この内容は要らないなど突っ込みを受けることになります。

 

そうなれば、場合にっては一からやり直しになるかもしれません。

手戻りを防ぐためにも、最初から何を書くかは確認しておくようにしてください。

 

最終的に何がそろっていればよいか分からなくなる。

 

つまりは、最終成果物として作成しなければならない資料は、あらかじめ決めておく必要ががあるということです。

 

要件定義の段階で決めておくことですので、資料作成段階で過不足がないかはチェックするようにしてください。

 

まとめ

 

資料の作成目的を確認することは、資料作成の方向性を確認することでもあります。ですので、資料作成を始める前には、必ずその目的と内容を把握するようにしてください。

 - 未分類