新人SEがやってしまう作業トラブルを隠したくなる要因とは? |

新人SEがやってしまう作業トラブルを隠したくなる要因とは?

      2018/05/14

Pocket

サーバ構築作業などをしていると、想定していなかったトラブルに(人によってですが)、見舞われることがあります。

経験が浅い、といいますか、作業自体を熟知していない作業者がそういう場面に遭遇したとき、「何だこれ?よく分からない。」と思うかも知れません。

 

既にサーバ構築作業に携わっている新人エンジニアの方で、同じ経験をされているのではないでしょうか?

 

そうなった時、取るであろう行動は「即座に報告する」か「隠して報告しない」かではないでしょうか?

特に「隠して報告しない」ケースだと、自分は手順書通りやっているので自分の作業が原因ではないと考えてしまうため、そういう行動をとるのではないでしょうか。

 

しかし、自分実施した作業が直接影響していないと考えたとしても、報告しないことは後々自分が不利益が降りかかることもあり得るのです。

 

そこで今回は、「新人SEがやってしまう作業トラブルを隠したくなる要因とは?」について、お話しします。

 

メリット1 何が問題かその場で切り分けする。

 

直ぐに報告することで、それが重大障害なのか、軽微な障害なのかを調査することができます。

その障害の内容のよっては、後付けの話にはなりますが「あの時、あの障害を発見してくれてありがとう」と感謝されるかもしれません(口頭で言われることはないですが・・・)。

 

メリット2 自分の身を守る。

 

作業中に発生したトラブルのため、一瞬自分がトラブルを引き起こしてしまったのでは?と思うかもしれません。そして、よく分からないから何もせず放置する行動をするかもしれません。

あるいは、「トラブルを引き起こしたことで自分が怒られる。怒られたくないから、黙っていよう」とも思うかもしれません。

 

しかし、そのことによって後日なぜ、あの時報告してくれなかったんだ!」と関係各所から怒られることになるでしょう。

 

デメリット いくら隠してもいずれは発覚してしまう。

 

私自身も、トラブルに遭遇して直ぐに報告できず、しばらく黙っていたことがあります。

 

ただ、悪い話を隠す時間が長ければ長いほど、精神的なプレッシャーが重くなり、耐えられなくなったことがあります。

その時は、最終的に思い切って事情を全部話して誤りました。

当然ながら、こっぴどく怒られましたがね・・・。

 

まとめ

 

トラブルに遭遇して、作業に慣れていないうちはびっくるすると思います。

だからといって、そのトラブルを報告していないでおくのは、自分のためにも共に仕事をする仲間たちも迷惑がかかります。

 

トラブルを発見したら、状況を確認した上で報告するように努めてください。

 - 未分類