新人SEが迷う、検証作業は1人で実施してはいけない理由とは? |

新人SEが迷う、検証作業は1人で実施してはいけない理由とは?

      2018/05/14

Pocket

エンジニアである以上は、サーバにログインして作業手順書を元に設定を変更したり、またはスクリプトを配置・修正したりすることが多いでしょう。

作業手順書を用意するから作業の難易度は、手順書を見ないで作業する時に比べれば格段に下がるでしょう。

だからと言って、一人で作業して良いと考えるのはよろしくないと思います。

なので、今回は「新人SEが迷う、検証作業は1人で実施してはいけない理由とは?」をテーマにお話ししたいと思います。

作業する前に環境を確認

以前もこのブログでも、自分が作業するのは開発環境サーバなのか、本番環境サーバなのか意識すると良いという話を書きました。

大事な話なので繰り返しお話しますが、強く意識することで環境変更をしてもよいのか一旦立ち止まることができると思います。

特に本番環境サーバに対しては、強く意識を持たなければなりません。

ユーザー向けに業務提供するサーバですので、やってはいけない環境変更によって意図しない動作をし、ユーザーに多大なる影響を及ぼしかねませんからね。

サーバ台数が少なければ、まずは作業者が強く意識することが重要になりますが、扱うサーバ台数が多いと意識するだけではカバーしきれません。

私が経験してきた中では、Windowsサーバであればログイン後のデスクトップ画面に、ホスト名、サーバ名を表示させたりなどの工夫をしたプロジェクトがありましたね。

できれば、こういった工夫をサーバ台数を問わず、どこの現場でも取り入れてほしいものです・・・

人間は間違えるものという理論に則れば、取り入れても良いと思いますので。

その作業はデータを見るだけ?それともデータを操作する?

作業手順書に基づいて作業する時、各操作項目がデータを参照だけ(たとえば、変更操作した結果を見たいなど)なのか、データを修正・更新するのか常に確認しなければなりません。

データを参照するだけならサーバに与える影響というのはさほどありませんが、データを修正・更新する場合は、物によってはサーバの動作に影響を与えるものがあるので要注意です

ですので、操作する前にはチームリーダーやその操作に精通してる方などと読み合わせをして、どこを注意しなければならないか確認すると良いと思います

サーバ操作は原則二人で行うこと

操作する環境が開発なのか本番なのか意識してとしても、作業の注意点を読み合わせして注意するべきポイントを認識したとしても、一人での作業はやらない方が良いと思います。

いくら手順書通りに作業を進めるだけとはいっても、それでも想定していた結果以外のことが起こることは稀にあります。

その時、作業者が一人、かつ、その作業者が慣れていないとしたら、もう慌てふためくと思います。

なので、作業する場合は作業者と、その作業をチェックする再鑑者(その作業を熟知している方が望ましい)の二人ペアにするのがベストだと思います。

まとめ

サーバに対する操作は、想定外の事象も発生することも踏まえて二人で実施するのが望ましいです。そうすることによって、被害を最小限に抑えることができます。

なので、もしサーバに対する操作をすることになったら、チーム内のどなたかに再鑑するよう調整してみてください。

 - 未分類