新人SEが知りたい、エラーメッセージを見た時にとる対応は? |

新人SEが知りたい、エラーメッセージを見た時にとる対応は?

      2018/05/14

Pocket

いきなりですが、本番環境をユーザー向けの業務提供を開始した後、開発環境はどうなっていると思います?

もしかしたら、本番用の資源の開発・検証が終わっているから止めているのではと思っている方もいるかもしれません。

たいていの場合は、開発環境も環境停止せずに動かしています。

なぜかといえば、開発環境を本番同様に動かすことで、事前検証では発見できなかった、または、取り込むことが出来なかった追加設定があるからだと考えています。

本番資源は、一旦業務提供したら終わりということではなく、常にブラッシュアップが必要なのです。

とすると、本番環境も開発環境も動かしているわけなので、何か障害が発生した場合は当然ながら、エラーメッセージが通知されます。

では、そのエラーメッセージが通知されたときどうするのか。

今回は「新人SEが知りたい、エラーメッセージを見た時にとる対応は?」として、うまく立ち回れるコツについてお話します。

まずは落ち着くこと

障害対応に慣れていない状態でいきなりエラーメッセージが通知されたら、誰だってびっくりしますよね。

私も初めて障害対応を担当した時は、どうして良いか分からずパニック状態に陥ったことがあります。

その当時は、プロジェクトとしてシステムの運用・保守を担当しており、相談できるプロジェクトリーダーがいらっしゃったので、パニックになりながらどうすればよいか相談したような覚えがあります。

記憶の限りではありますが、その時のリーダーはとにかく落ち着いていました。
状況把握するためには、まずは落ち着くことが必要なんだなとその時学びました。

つぎに焦らないこと

障害対応は状況把握した後、その障害原因を突き止めて解消しなければなりません。

突き止めるためには本番環境にアクセスして状況調査するのですが、システムによってですがその状況調査をしているところを、そのシステムのユーザー企業様がご覧になられていることがあります。

自分の体験ですが、状況調査している時にユーザー企業側の部長様がいらっしゃったことがあったのですが、さすがに背筋が凍りつき焦って操作を誤りそうになったことがあります。

その時は、どうにかこうにか状況調査を終えることが出来たのですが、それ以来、どんな状況であろうと、本番稼働している本番環境を触る時は焦らないようにしようと肝に銘じるようにしています。

丁寧に作業すること

本番環境での操作は一歩間違えたら大惨事になりかねません。なので、焦らずゆっくり丁寧に作業を実施することが大事です。

ものすごいプレッシャーを受けながら本番環境で作業する時、焦らずゆっくり丁寧にできるかは経験を積むしかないかもしれません。

 

自分自身、過去何度も本番環境での操作ミスで、ヒヤリとさせられました。

どのケースも記憶違いによる思い込みでの操作でした(手順書は手元にありましたが、焦るあまり読み間違えたという・・・)。幸い、大きなトラブルにつながらずに済んだので良かったのですが、操作は丁寧にしなければならないことを大いに痛感しましたね・・・

 

まとめ

障害対応に慣れない間は、エラーメッセージが出力されただけであたふたすると思います。

しかし、落ち着くこと、焦らないこと、丁寧であることの心構えを持っていれば、乗り越えられると思います。頑張ってください!

 - 未分類