新人SEがやってしまう自分勝手な判断を、自ら防ぐためには? |

新人SEがやってしまう自分勝手な判断を、自ら防ぐためには?

      2018/05/14

Pocket

エンジニアとしての経験が多少なりともついてくると、少しは自信がついてくると思います。

最初はエンジニアとしての仕事ができるのかものすごく不安だったけど、どうにかこうにか手探りでやってみたら、エンジニアとしてこれからも払いていけるかもしれないと・・・。

 

その段階に来ると、ほぼほぼ基本的なこと(特に、今いる現場での)が身についていると思われます。

それは大変素晴らしいことですし、やっとエンジニアとしての第一歩を歩みだせたのではないでしょうか。

 

ただ、そういう段階に達したからこそ注意していただきたいことがあります。

ちょっと自信がついたからと言って、何でもかんでも自分の判断が正しいと考えてしまうことです。

 

自分の判断だけ物事を決めつけてしまうと、取り返しのつかないこともなりかねません。

そこで今回は、「新人SEがやってしまう独自判断を、新人SE自ら防ぐためには?」と題して、自分の判断だけを信じしてしまいそうになった時に振り返ってほしいことをお話しします。

 

 

独自判断はミスにつながる

 

自信がついてくると業務における視野が広がります。加えて、周りの話を聴いている内に業務に関する知見も増えていきます。

そうなれば、自然に自分自身だけで判断できる範囲も広がってくる思います。

 

ですが、注意してほしいのは、それまで得た知見では判断できない事象に遭遇した時です。

現場経験が浅いと、それまで経験してきた知見にはないとか、もしくは似たような事象を見てきたという理由で、とりあえず問題なさそうなので特に何もしないという対処をしてしまいかねません(すべての方がとは言いませんが)。

 

そうなってしまうと、もしかしたらその事象は重大障害であって、すぐに対処しなければならないことに気づかないことになってしまいます。

いくら知らない事象、似たような事象だからといって、独自判断でそのまま放置するようなことはしないでいただきたいです。

 

まずは誰かに訊くことを心がける

 

基本的に、何かの事象に遭遇した場合は独自の判断は禁止するしてください。

誤った判断によって、現場を混乱させてしまいかねません。

また、本当に何もしなくて良いかの判断は、何らかの調査をして裏取りができた段階で断できるものです。

 

なので、事象に遭遇した場合は一旦誰か(たいていはリーダー)に一報をするようにしてください。それは、自分の身を守ることにもつながりますので、肝に銘じてください。

 

まとめ

 

ある程度の経験があると、いろいろ見えてくるので判断力がつくと思います。

ですが、どんな時も独自判断に頼らず、その判断で正しいか他の方の知見を頼るようにしてください。

 

 - 未分類