新人SEが学ぶべき、開発現場で作る資料のイメージを決める理由 |

新人SEが学ぶべき、開発現場で作る資料のイメージを決める理由

      2018/05/14

Pocket

前回は、「資料の作成目的を先に確認する理由とは」についてお話ししましたが、覚えてますか?

 

改めてのおさらいになりますが、資料の作成目的を確認することは、資料作成の方向性を確認することです。

だから、資料作成の方向を見失わないために、作成前には必ずその目的を把握するようにということをお伝えしました。

 

では仮の話として、資料の作成目的が確認できたとします。

直ぐに資料作成に取り掛かかれますか?

 

私なら取り掛かれません(今であれば・・・。以前であれば、すぐに取り掛かってしまいました・・・。後で、手直しの連発でしたね・・・)。

 

というのも、その資料の使用目的に沿った出来上がりイメージというのもありますので、それが作成者であるあなたの頭の中で固まっていないと、全く意図しないイメージで資料が出来上がってしまいます。

 

それを防ぐためにも、今回は「新人SEが学ぶべき、開発現場で作る資料のイメージを決める理由」と題して、注意すべきポイントにてお話ししていきます。

 

最終的な結論は資料の先頭に持ってくること

 

言わずもがなではありますが、その資料で一番言いたいこと(最終的な結論)は、資料全体の先頭に持ってきたほうが良いです。

 

基本的にはビジネスでの会話と同じ考えです。ビジネスでの会話も一番言いたいことを先に話しますよね?

結論に至るまでにあれこれ話してしまったら、聞いている相手はおそらくイライラすると思います。

資料作成でも、結論に至るまで延々と説明文をつなげるよりも、初めから結論を先頭に持ってきたほうが読む方としても苦労せずに済みます。

 

結論に至るまでの根拠資料は、統一感をもたせること

 

統一感をもたせる。

これは文字色であったり文字サイズであったり、体裁の部分を極力全体でそろえた方がよいということです。

 

急いで作成しなければならない資料で、全体の統一感をもたせろ!というのは、無茶な話ですが、時間に余裕がある場合であれば見栄えを極力統一しておいた方が読みやすくなります。

 

余分な情報は削除すること

 

結論が書かれている個所や、根拠を示した部分に、結論にも根拠に結びつかないじょうほうがあったらどう思いますか?

 

普通なら、要らない情報なら消しておいてほしいと思いますよね。

全く関係のない情報ですし、読んでいる方としたら正しい情報がどれか迷わせてしまいます。

 

混乱を与えるような情報は、一切削除するようにしてください。

 

まとめ

 

作成イメージを先に決めておくことは、資料の作成を楽することでもありますし、後から修正する回数を少なくすることでもあります。

 

資料作成に取り掛かる前には一旦手を止めて、作成イメージを決めるようにしましょう。

 

 

 - 未分類