新人SEなら知っておきたい、設定内容が正しいか確認するその理由 |

新人SEなら知っておきたい、設定内容が正しいか確認するその理由

      2018/05/14

Pocket

業務を進めていくと、様々な情報を目にすることがあります。

OSパラメータ情報であったり、導入済みソフトウェアのパラメータ情報であったり、各種手順書、各種申請書類などなど・・・。

 

これらの情報は普段から意識して注意深く見ていないと、本当に正しい情報なのかを気づくのがかなり難しい。

大概がある日ある時たまたま、設計書と実際の設定内容を比較してみたら、差分があったと気づくことが多い。

 

そのある日ある時が来るまで、実際の設定情報との差分があることに気づかないのは、それはそれでまたトラブルを引き起こす原因にもなりかねません。

 

そこで今回は、「新人SEなら知っておきたい、設定内容が正しいか確認するその理由」と題して、情報が正確なのか、情報に差分はないのか、に早く気付くためにはどうしたらよいか、その心構えについてお話します。

 

情報は常に変化すること。

 

設計書類などは一度作ってしまうと、メンテナンスの更新作業などがない限り更新されることはありません。

 

かつ、自分の与り知らぬ間に更新作業されているにも関わらず、設計書類の更新がされていないこともあります。

 

例えば、更新作業を担当した時の担当者が、設計書類の更新をし忘れていたなど・・・

 

こういったケースがあり得ますので、今の状態が常に正しいとは考えず、必ずどこか更新されていないかを確認するようにした方が良いです。

 

これもある意味で、自分の身を守る行動の一つです。

自分が設計資料を見た段階では、その更新作業分の反映はされていませんでしたと証言することができますので・・・。

 

記憶は疑うこと。

 

各種申請書類などは一度利用して受理された場合、そのフォーマットで今後も申請してもよいだと考えがちです。

しかし、申請書類は日々の運用状況を見ながらフォーマットを修正・変更されるものです。

 

極端な例ですが、昨日提出した時点では問題なく受理されたけど、今日提出した時点ではフォーマットが違うから受理されなかったということがありえます。

 

ですので、それまでは大丈夫だったという記憶は疑い、申請書類の最新状態を確認するという行動をとるようにしてください。

 

まとめ

 

取り扱う情報は常に変化していくものです。

これまで参照していた情報に特に問題はなかったが、今日になってみたら、その情報に問題が発生していたということがあるということに気を付けたうえで、日々の業務に励んでいただきたいです。

 - 未分類